Event is FINISHED

ANDON○○道『日本茶道 茶歌舞伎』- 初級編 茶種 -

Description

ANDON○○道『日本茶道 茶歌舞伎』- 初級編 茶種 -
お米とお茶とご縁を楽しむお茶会。
初回は、茶歌舞伎(闘茶会・ブラインドテイスティングでのお茶当て)大会です。 八女茶くま園の中谷一美さんをお招きし「日本茶のことをもっと知りたい」「お茶ってよく分からない」という方にも気軽に参加できる、ゲーム感覚のお茶会です。お気軽にご参加下さい。
◎お茶の説明と外観の鑑定
◎闘茶会のルールの説明
◎闘茶会(60分) ※投札は、温度と煎を変えて3回戦行います
◎クロージング(お食事、自己紹介など)


茶かぶきとは
名を伏せていれたお茶の種類や産地を当てる,お茶の飲み当て遊び。「茶歌舞伎」「茶香服」という字も当て,別名「闘茶」ともいう。
「闘茶」は鎌倉時代末期に宋からもたらされたとされ,南北朝から室町時代中期にかけて,武家や公家,僧侶の間で流行。
現在は玉露や煎茶を用いた「闘茶会」「茶かぶき」が各地の茶の行事のイベントなどで開かれている。



開催概要

  • 開催日 3月3日(土)
  • 時 間 14:00-17:00 ※出入りは自由です。
  • 参加費 3000円(闘茶会チケット+おむすび+お茶+プチお土産付)
  • 定員 10名
  • (〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-11-10)
  • アクセス 「小伝馬町駅」徒歩2分、「新日本橋駅」徒歩3分、「三越前駅」徒歩5分



おむすびスタンドANDON
https://andon.shop/

8坪4階建てのタイニービルに、おむすび屋や本屋がつまった「東京を楽しむ」新拠点『ANDON』が日本橋・小伝馬町にオープンしました。
1階の昼:おむすびスタンド、夜:秋田の日本酒の立ち飲みを中心に、2階の本屋、3階のイベントスペース、4階の大名レジデンスといった食とカルチャーの発信拠点になります。各階ごとにテーマを持ったイベントやスクールを開催することで様々な交流を生む現代の長屋の誕生です。


八女茶くま園
http://kumaen.net/

八女(やめ・yame)地方は、福岡県南部、熊本県の県境近くに位置し、初夏には蛍が舞い、夜空には星がきらめく、澄んだ空気と水が豊かな場所です。
清流「星野川」や「矢部川」の影響で発生する霧が茶葉に潤いと瑞々しさを与えていると言われています。
当園でご紹介している多くの茶園は、「水はけが良く」「斜面が急で」「寒暖の差が激しい」場所に先祖代々受け継がれてきた茶畑を営んでいらっしゃいます。
これらの土地は、なだらかな山影により適度に日光が遮られるため、じっくりと旨味が蓄積された茶葉が育ちます。

園主 中谷 一美 (なかたに かずみ) 
日本のお茶作り・八女(やめ・yame)のお茶作りを「お茶造りを学びに世界各国の人が集う」ような文化であり・産業にすることが当面の目標。


Sat Mar 3, 2018
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
3/3(土)プチお土産付茶歌舞伎チケット SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
中央区日本橋本町3丁目11−10 Japan
Organizer
おむすびスタンドANDON
37 Followers